So-net無料ブログ作成
検索選択

steins;gate 負荷領域のデジャヴ 感想 [映画]

劇場版 steins;gate 負荷領域のデジャヴ を見て来ましたよ!

ゲームアニメ共に経験済みなのですが、
ファンにはたまらない作品に仕上がっていました。


syutage.jpg

今回は原作から1年後のシュタインズゲート世界線を描くということで、
公開前から蛇足になるのではないかと心配する声も多かったですね。


しかし、結論から言ってしまえばそれは杞憂でした♪

原作のゲームがプレイ済みの人やアニメを鑑賞済みの人向けの作品ですが、
オカリンと紅莉栖のラブストーリーというテイストが強いですね。

お決まりのラボメンのギャグパート
→オカリンの消失
→オカリンを救うべく紅莉栖が再びタイムマシンで過去へ……。

※この先は劇場で!



という流れです。

別の世界線の記憶を保持するリーディングシュタイナーをデジャヴと結びつけて
解釈しており、作中で頻繁にデジャヴという言葉が出てきます。

全体的には、ドラマチックに盛り上げるというよりも、
しっとりキャラクターの心情を描いているという印象でしたね。

いちいち紅莉栖がカワイイです!
紅莉栖ファンは必見です♪

興味のある人は、ぜひ原作をプレイしたりアニメを見たりしてから、
劇場に足を運びましょう!

劇中では原作での出来事を説明は省かれているので、
初見の人は「は?」となってしまうかもしれません。


それでも「すぐにでも見に行きたい!」という人は、
こちらを見て原作のあらすじを掴んでから見に行くのも良いかもしれません。



ニコニコ動画の有名MADなのですが、
出来が良すぎるので、すごくオススメですよ♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ノコギリヤシ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。